【店舗ビジネスオーナー必見】自社のHP運用に役立つWebマーケティング本10選

店舗ビジネスを行う際は、自社のホームページ作成が必須と言われています。

しかしいきなりホームページを作成する、といっても方法やコツがわからない人も多いと思います。

そこで本記事では、店舗ビジネスを行う際に必要となるホームページの作り方や、Webマーケティングにまつわる知識が学べる本をご紹介していきます。

店舗ビジネスのマーケティング活動に必要不可欠な自社ホームページ

店舗ビジネスのマーケティング活動に必要不可欠な自社ホームページ

冒頭でも触れたように店舗ビジネスを行う場合、自社のホームページ作成は必要不可欠となります。

他店との差別化が図れる、お店の存在を知ってもらえるなど、さまざまなメリットはありますが、その中でも1番の理由は「信頼してもらえる」からです。

自社ホームページはお店が公式に運営しているため、口コミサイトよりも信憑性が高いといえます。

他にも営業時間やお店のメニュー、新着情報などを取り扱っているため、信頼されるお店のイメージづくりには欠かせない存在となります。

同時にSNSなどを運用している場合もありますが、お客様の年齢層によってはSNSを使用していない可能性もあります。

電話番号や住所など、お店の基本情報がまとまっているホームページは、初めて来店されるお客様にとっても安心できる材料となるのです。

店舗ビジネス運営者が読むべきWebマーケティング本10選

ホームページの作成や運営をするにあたって、身につけておきたいのがWebマーケティングの知識。

ホームページ作成の基礎となる知識や、Webマーケティングの知識をより深めたい方におすすめのWebマーケティングの本を紹介していきます。

①【初級】マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦!

同書は、これから仕事としてWebマーケティングに取り組んでいきたい方向けの入門書。

2011年に初版が発売されて以来、販売ペースがずっと落ちていないガイドブックとして有名です。

現在ではシーズン2も発売されており、併せて読むことでより深い理解が得られます。

また、書名にもあるように基礎的な用語の解説やマーケティングのノウハウが全てマンガで示されています。

難解な専門用語を楽しく学びたい初心者におすすめの一冊です。

  • 定価:1,980円
  • 出版日:2017/2/17

②【初級】はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

同書はタイトルに“集中講義”と書かれているように、学生の気分になりながら講義形式で読み進められる仕様。

「Webマーケティングとは?」という初歩的な疑問から紐解かれていき、講義の中ではSNSやアプリケーションなどを活かしたマーケティング方法にも触れていきます。

各項のまとめには穴埋め問題も組み込まれており、大学で講義を聞いているような気分で読み進められます。

発行年数は古めの本になりますが、基本的な知識を得るためには十分の内容となっています。

  • 定価:445円
  • 出版日:2014/4/18

③【初級】沈黙のWebマーケティング

同書は初心者ながら、Webマーケティングの深い知識を得たい方におすすめの実用入門書。

書店で見かけると分厚くて尻込みしてしまうほどのページ数ですが、イラストを多用しているためポップな印象を受けます。

SWOT分析を用いたWebマーケティングや、SNS運用の原則、SEOで意識すべきことなど、コンテンツ作りの基本を網羅しています。

他にもペルソナの設計やカスタマージャーニーの設計方法など、他書籍では触れられていないコアな情報も掲載しています。

初心者から中級者まで長期間にわたって活用できる書籍です。

  • 定価:2,420円
  • 出版日:2020年9月24日

④【初級】すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技

同書はWebマーケティングの原則から始まり、Webコンテンツの制作やSEO施策をメインに解説してくれています。

少々厚みのある本になりますが、Web集客やマーケティングについての網羅ができます。

教科書としてだけでなく、実用書やテクニック本として学んだことが実践できる作りになっています。

初心者はもちろんですが、ある程度基礎知識があり、Webマーケティングに効率性を求めている方におすすめです。

  • 定価:2,508円
  • 出版日:2018年8月11日

⑤【初級】10年つかえるSEOの基本

「SEOとはなんなのか」という初歩的な疑問から、SEOの目的や検索エンジンの仕組みなどを丁寧に解説している一冊。

初心者はもちろんですが、ある程度SEOの知識がある方にもおすすめできます。

小手先の知識ではなくしっかりと深いところまで掘り下げて書かれているため、理解できなかったことや知らなかったことの解決にもつながります。

また対話形式で専門用語の解説が書かれているため、読書が苦手な方でもマンガや小説を読む感覚で学びやすいといえます。

  • 定価:1628円
  • 出版日:2015年4月23日

⑥【初級〜中級】最小の手間で最大の効果を生む! あたらしいWebマーケティングの教科書

同書はタイトルにもあるように、Webマーケティングの教科書を探している方におすすめの一冊です。

基本的な知識も網羅しており、SEO対策、ソーシャルメディアの活用法などを取り上げています。

また現代で実際に活用できるノウハウも紹介しているため、実用書としても活用できます。

出版日は少し古いですが、現在でも十分活用できる内容が書かれています。

  • 定価:3,057円
  • 出版日:2015年1月24日

⑦【初級〜中級】SNSマーケティングのやさしい教科書(Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術)

同書は、ソーシャルメディア対策を重視しているノウハウ本です。

コストをかけずにSNSマーケティングの効果を実感したい方や、SNSの基礎知識を学びたい方におすすめの一冊です。

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@など主要のSNSに対して、個別に対策が練られており、具体的に何をすれば良いのかが学べます。

それぞれのSNSごとに章が分かれているため、必要な部分だけ読むことも可能です。

また専門用語についても解説おり、SNSやマーケティングの初心者から中級者まで広くの読者から支持されています。

  • 定価:2,310円
  • 出版日:2019年7月17日

⑧【中級】テクノロジーの教科書

同書は、インターネ―ネット広告技術であるアドテクノロジーについてを網羅できる書籍です。

内容はWeb広告の歴史や、国内外の事例、用語の解説までを詳しく解説しています。

アドテクノロジーは比較的難しい分野の話になりますが、基礎的な技術面だけでも理解しておくとより深みを増した知識になります。

インターネットだけでなく、広告の運用を検討している方やデジタル産業への参入を考えている方へもおすすめの書籍です。

  • 定価:990円
  • 出版日:2020年11月25日

⑨【中級】新訳 ハイパワー・マーケティング あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方

同書の著者は、これまで1万人以上の経営者指導経験があるジェイ・エイブラハム氏。

限りのある資本の中で、多くの収益を上げるノウハウなどが紹介されている新書です。

同書では、よりWebマーケティングを深く理解することや、ビジネスの場でWebマーケティングを使いこなせるようになるための普遍的な理論が書かれています。

具体例が豊富に掲載されており、実地の場でもビジネスに生かしやすい編成になっています。

プランニングにおける重要な考え方を学びたい方、分析力を高めたいマーケターにうってつけの一冊です。

  • 定価:2,310円
  • 出版日:2017年10月27日

⑩【中級】the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

同書の著者は、ニューヨーク大学教授のスコット・ギャロウェイ氏。

国内で発売される前から、世界各国でベストセラーとして愛されており、日本語訳として発売されました。

同書ではデジタル技術で世の中を大きく変革した「GAFA」がなぜ大きな力を得られたのかを皮切りに、具体的な世界の変化や、今後の私たちの生き方などが書かれています。

ビジネス書としても読めますが、GAFAの思想や戦略なども書かれているため、Webマーケティングの参考書としても活用できます。

  • 定価:1,980円
  • 出版日:2018年7月27日

店舗ビジネス運営者が自社サイトの運用で失敗しないためにすべきこと

上記で取り上げたように、Webマーケティングの知識を持ちながら自社サイトを運営していくことは、大きなプラス要素となります。

しかし自社サイトを運営していくにあたり、注意深くチェックしておく項目も存在しています。

ここからは、自社サイト運営で失敗しないためのチェック項目を紹介していきます。

お客様の声やコラム等、更新を継続しておこなう

お客様の声やコラム等、更新を継続しておこなう

まず1つ目は、サイトの更新を継続的に行うことです。

新着情報の欄で2〜3年前の情報が最新になっていたり、お客様から寄せられた口コミやコメントに返信していなかったりと、サイト更新を怠ってしまうとせっかくサイトを立ち上げても見劣りしてしまいます。

継続的に更新を行うことは、人員や時間、お金の面でも苦労がありますが、ホームページのアクセスを増やして来店してもらうには不可欠な努力となります。

自社サイトと合わせてSNSの活用もおこなう

自社サイトと合わせてSNSの活用もおこなう

自社サイトを立ち上げて満足してしまう方も多いですが、さらにWebマーケティングに重きを置いている場合はSNSの活用も合わせて行っていきましょう。

サイトでは店舗の基本情報や、問い合わせ先、住所などを掲載しておき、SNSでは店舗の裏側の様子や商品の誕生秘話などをアップしていくと、店舗にファンがつく可能性があります。

お客様がファン化すると、繰り返し来店してくれる、口コミを積極的に掲載してくれるなどのメリットが豊富です。

SNSでの発信をすることで、店舗経営を1つのコンテンツとして売り出しやすくなりますよ。

オーナー自身がブログの更新やSNSの更新を率先しておこなう

オーナー自身がブログの更新やSNSの更新を率先しておこなう

3つ目のチェック項目は、オーナー自身が積極的にサイトの更新を行うことです。

ブログやSNSの更新には向き不向きがあり、やりたがる人とそうでない人がはっきり分かれます。

中には「業務であれば仕方ない…」と思いながら行っている従業員がいることも考えられます。

この際には、オーナーが率先してサイトやブログの更新を行うことで、従業員の負担を減らしていく努力が必要です。

時にはお手本のように更新をしていくことで、サイト更新のハードルを下げて、さまざまな角度からお店の情報を発信することにもつながります。

まとめ

まとめ

初級から中級編に分けてWebマーケティングのおすすめ書籍を紹介してきましたが、おすすめとしては教科書のような基礎書籍と辞典のように使用できる語録書を購入してみることです。

初級の段階では、文章表現や解説方法によって理解度に大きく差が出てしまうため、無理せず読める厚さや基礎内容だけが書かれたハンドブックのような本もおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー