飲食店でSNS活用は9割が失敗する、その理由を解説

飲食店でSNS活用は9割が失敗する、その理由を解説

インターネットの普及が進む今、積極的にSNSを利用している飲食店が増えています。

SNSは上手く話題になれば、あっという間に拡散されるため、手軽な集客対策として有効です。

しかし、実際にSNSを活用している飲食店のうち、9割が失敗しています。

今回は、飲食店のSNSが失敗する理由や成功させるポイントを具体的に解説します。

飲食店でのSNS活用、9割が失敗してしまう理由

飲食店でのSNS活用、9割が失敗してしまう理由

飲食店でSNSを活用したとき、9割が失敗してしまう理由を以下でご説明します。

Instagram等、SNSを使っている店舗が急増している

インターネットでお店探しをするお客様が増えていることから、集客目的でSNSを始めるお店が急増しています。

SNSでの集客対策は、いまや常識となっており、同じ理由でSNSを始めるライバルが後を絶ちません。

そのため、ライバル店舗との差別化をはかる必要がありますが、大抵のお店ではオリジナリティのない投稿になっているのが実情です。

SNSのノウハウ不足、勉強不足

これまでSNSを使ったことのない人が急にSNSを始めても、十分な知識やノウハウがないと、なにを投稿すればいいのか戸惑ってしまいます。

SNSによっては投稿できる文字数や画像数が異なるため、SNSの種類にあわせた内容にする必要があります。

また、個人でSNSをする感覚で飲食店のSNSを始めてしまうと、適切な情報発信が行えない恐れもあります。

SNSやInstagramに関する相談相手がいない

SNSによっては、さまざまな機能や設定があるため、使い慣れていない人はどうしたらいいのか困ってしまいますよね。

そのようなときに、まわりに気軽に相談できる相手がいないと、問題を解決することが難しくなるでしょう。

誤った設定のまま投稿を続けている場合も、間違いを指摘してくれる存在がいなければ、そのままの状態が続いてしまいます。

SNSに使える予算がない

SNSは、アカウントを作成すれば基本的に無料で更新ができます。

しかし、SNSを使って広告を行う場合、多額の広告費がかかる場合があります。

広告費をかける予算がない飲食店は、お店がSNSで独自にアピールする必要があります。

人手不足の問題

SNSを続けるには、更新を行う人手が必要になります。

スタッフ数が少ない小さな飲食店などは、オーナーや店長自らがSNSを発信しなければならず、負担が重なってしまいます。

SNSを更新する人材がいないという理由で、SNSをやめてしまうケースも少なくありません。

空いたらやろうで実行の時間を確保していない

SNSは定期的に更新をすることで、ユーザーがファン化していきます。

「時間がない」「人手が足りない」と、時間が空いたら更新しようという気持ちでいると、どんどんSNSから遠ざかり、ファンも離れてしまいます。

写真の撮り方が上手くなく、その重要性にも気付いていない

SNSの多くは画像を利用した投稿がメインです。

そのため、投稿に使う写真の出来栄えは重要です。

投稿した写真が上手くなく、何を伝えたいのかがわからないと、ユーザーは見るのをやめてしまうでしょう。

飲食店でのSNS活用を成功させる7つのポイント

飲食店でのSNS活用を成功させる7つのポイント

それでは、飲食店でSNSを活用して成功させるポイントをみていきましょう。

①投稿する写真等、世界観を統一させる、ぶらさない

SNSにおける世界観の統一はとても重要です。

投稿する写真や内容の方向性がぶれないように気を付け、可能であれば投稿する前に複数の人で確認することをおすすめします。

②SNSについて勉強する、上手くやっているアカウントを毎日見る

人気の飲食店のアカウントを毎日チェックすることは、SNSの上達への近道になります。

毎日人気アカウントの投稿を見て勉強を続けるうちに、自然とノウハウが積まれることでしょう。

人気の飲食店のSNSは、季節感を上手に取り入れていますね。

③SNSを上手く使っている仲間や専門家の話を聞く

知人や仲間でSNSを上手に使っている人がいれば、上手く載せるコツややり方を直接聞いてみましょう。

また、SNSでは「リツイート」や「シェア」、「ハッシュタグ」など専門用語が飛び交います。

それらの用語をインターネットで検索してみるのもおすすめです。

SNSに詳しい専門家の話を聞いてみると、具体的なアドバイスがもらえるかもしれません。

④SNSに投資する予算を確保する

情報化社会の現代において、SNSは飲食店のアピールに欠かせないツールとなりました。

SNSにかける費用は広告宣伝費として、あらかじめ投資する予算を確保しておきましょう。

⑤人手が全くなければ効果的にアウトソースする

店長やオーナー自身がSNSを更新するという飲食店も多いですが、マネジメント業務や接客の合間しか時間が取れないことがほとんどです。

SNSの担当スタッフを配置することが望ましいですが、どうしてもSNSを運用する人手が割けない場合、アウトソースするのもひとつの手段です。

⑥毎日の中でSNSに取り組む時間帯を決めてしまう

「空いた時間でSNSの更新をしよう」と考えていても、その日によってお客様の来店数が異なるため、思うようにはかどらず、毎日更新ができないケースもあるでしょう。

空いた時間に更新をするのではなく、「回転前の15時に更新する」など時間を決めてしまえば、その後の業務も効率的にまわすことができますね。

⑦写真の撮り方を徹底的に練習する!

SNSでは写真の良し悪しが、その投稿内容の人気を左右するといっても過言ではありません。

写真の撮り方に自信がないときは、上手な人に教わったり、書籍やインターネットで撮り方を勉強したり、日々練習を続けることで上手になっていきます。

こちらの飲食店で使われている写真は、どれもプロのカメラマンが撮影したような美しい写真ばかりですね。

これからSNSに取り組もうと考えている飲食店の方へ

これからSNSを始めようと考えている飲食店の方は、以下のポイントを押さえておきましょう。

InstagramもYouTubeも継続が全てです

InstagramやYouTube、TwitterなどすべてのSNSに共通しますが、継続しなければ意味がありません。

更新が滞ったブログやホームページが閲覧されなくなるのと同じように、SNSも新しい情報が発信されないと見られる機会も減ってしまいます。

SNSの向こう側に、見てくださるお客様がいると考えながら定期的に発信を続けていきましょう。

InstagramもYouTubeも継続が全てです
【引用】ミスタードーナツのYouTubeチャンネル

お客様とのコミュニケーションとして楽しむこと

SNSによっては、お客様と1対1でコミュニケーションをとることができます。

以下にSNS上でのコミュニケーション例をご紹介します。

LINE

・プッシュ通知を使った情報発信ができる

・友だちとなったお客様と、1対1で「トーク」によるチャットができる

Twitter

・リアルタイムで「ツイート」と呼ばれる短文でのコミュニケーションがとれる

・「いいね」や「リプライ」と呼ばれるコメントが付けられる

・フォロワーの「リツイート」によって、ツイートが拡散される

Instagram

・「ハッシュタグ」を利用してターゲットからの流入がはかれる

・「ストーリーズ」内の「質問」や「アンケート」によってユーザーとコミュニケーションがとれる

それぞれのSNSでのコミュニケーション方法の特徴を理解し、上手く使い分けてみましょう。

片手間でするものではなくお店の中核となるものです

インターネットの普及スピードを考慮すると、SNSは片手間で使うのではなく、お店の中核として運用するべきです。

どのSNSも注目が集まるとあっという間に拡散されるため、新規顧客やリピーターの来店きっかけにつながります。

飲食店でのSNS活用、失敗しないためにはどうしたらいいか?まとめ

飲食店でSNSを活用して失敗しないためには、投稿する内容の世界観や方向性を決めておき、できるだけ定期的に配信を行い、なによりコツコツ勉強を続けることが大切です。

ご自身の飲食店に合った方法で、SNSを盛り上げる工夫をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー