ネイルサロンの集客に使えるSNS5選【特徴や使う際の注意点も紹介】

「ネイルサロンの集客に使えそうなSNSって、何があるのだろう?」
「集客目的でSNSを利用するコツも知りたい!」

上記のような悩みを解決するために、本記事では以下のような内容を紹介しています。

本記事の内容
  • ネイルサロンの集客に使えるおすすめSNS
  • 集客目的でSNSを使用するときの注意点

「SNSを使ってネイルサロンの集客をしたい!」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ネイルサロンにとってSNSの活用は必須の時代

SNSの利用者数が年々増加傾向にある現代の社会。
ネイルサロンはもちろん、他の業界でも集客目的でSNSを活用しています。

なぜなら、ネイルサロンの集客のためにSNSを使うことで、以下のようなメリットがあるためです。

ネイルサロンの集計でSNSを使うメリット
  • 幅広い客層にアプローチできる
  • 拡散されればより多くの人に見てもらえる
  • いつでも情報を発信できる

しかも、そんなメリットだらけのSNSの使用料金は無料。
好きなタイミングで気軽に始められます。

SNSの活用は、ネイルサロンを集客するうえで必須の時代となっているのです。

ネイルサロンが集客のために使うべきSNS

  • Instagram
  • TikTok
  • Twitter
  • YouTube
  • Clubhouse(クラブハウス)

ネイルサロンの集客に使えるおすすめSNSは、上記の5つです。

では、各SNSの特徴や利用方法について紹介しています。

Instagram

情報
ユーザー年齢層20代~30代
ユーザー数(国内)3,300万人以上
メイン投稿写真

Instagramは、「インスタ映え」のワードで有名になったSNSです。
ユーザー年齢層は20代から30代の女性が特に多く、最近ではお店を探すときに利用されています。

写真をメインに投稿するInstagramは、ネイルサロンの集客と相性抜群。
実際のネイルを紹介することで、興味を持ったお客さまを集客できます。

メンズネイルも紹介すれば、男性客の集客も期待できるでしょう。

Instagramはこんなネイルサロンにおすすめ
  • 若い女性をターゲットに集客したいネイルサロン
  • 男性客も取り入れたいネイルサロン

TikTok

情報
ユーザー年齢層10代~20代
ユーザー数(国内)950万人以上
メイン投稿動画

TikTokは、15秒程度の短い動画を投稿できるSNSです。
ユーザー年齢層は10代~20代の学生が特に多く、利用者数も年々増加傾向にあります。

TikTokで集客する場合は、動画時間が短時間であることを活かしましょう。

例えば、「ネイルサロンでお手入れをする前後の変化」のような感じ。

動画を視聴したお客さまが興味を持ってくれれば、そのまま集客に繋がります。

また、お客さまによる動画の拡散で、より大きな集客効果も期待できます。

TikTokはこんなネイルサロンにおすすめ
  • 女子学生をターゲットに集客したいネイルサロン
  • インパクトのあるネイルを提供しているネイルサロン

Twitter

情報
ユーザー年齢層20代~30代
ユーザー数(国内)4500万人以上
メイン投稿文章

Twitterは、140文字の文章や画像を投稿できるSNSです。
ユーザー年齢層は20代~30代が比較的多いものの、最近では40代以上のユーザーも利用しています。

Twitterは、他のSNSにはない「高い拡散力」と「利用者との距離の近さ」を持っています。
そのため、お客さまと交流する場として利用する使い方がおすすめです。

ネイルサロンの口コミの紹介やコメントの返信などが、お客さまとの交流になります。

お客さまとの交流を深めることで、「ネイルサロンのファン」として情報を拡散してくれて、幅広い年齢層の集客に繋がります。

Twitterはこんなネイルサロンにおすすめ
  • 幅広い年齢層をターゲットに集客したいネイルサロン
  • リピート客を増やしたいネイルサロン

YouTube

情報
ユーザー年齢層10代~40代
ユーザー数(国内)6,500万人以上
メイン投稿動画

YouTubeは、動画投稿をメインにしたSNSです。
ユーザー年齢層は平均的で、老若男女問わず多くの人が利用しています。

ネイルサロンの集客で利用する場合は、「視聴者の悩みを解決するSNS」としての使い方がおすすめ。
なぜなら、視聴者がそのままお客さまになる可能性が高いからです。

具体的には、施術の流れやネイルサロンの必要性などが当てはまります。

そもそもYouTubeで、ネイルサロン名をそのまま検索する人は滅多にいません。
悩みや疑問を解決できる動画の方が、視聴者の獲得につながるのです。

また、視聴者を増やしてYouTube内で有名になれば、より集客効果が期待できます。

YouTubeはこんなネイルサロンにおすすめ
  • 老若男女問わず集客したいネイルサロン
  • 悩みを持っている人を中心に集客したいネイルサロン

Clubhouse(クラブハウス)

情報
ユーザー年齢層20代~30代
ユーザー数(国内)50万人以上
メイン投稿言葉

Clubhouseは、通話を駆使する招待制のSNSです。
18歳未満が利用できない仕様のため、ユーザー年齢層は20代~30代が特に多いです。

Clubhouseは他のSNSより拡散力が欠けているため、一般客の集客向きではありません。

しかし、音声のズレが少なく招待制であるClubhouseは、「従業員やネイルサロンに興味がある人」の集客には最適でしょう。

Clubhouseはこんなネイルサロンにおすすめ
  • お店の従業員を探しているネイルサロン
  • ネイルサロン好きを集客したいネイルサロン

SNSを使うときの注意点

  • 営業営業しないこと
  • お客さまとのコミュニケーションを大事にすること
  • 継続すること

SNSを使うときの注意点は、主に上記の3つあります。

ででは、順に深掘りしていきましょう。

営業営業しないこと

  • 「本日は〇〇%オフですよ!」
  • 「当店は〇〇が特徴です!ぜひお越しください!」

ネイルサロンの集客意識が強すぎて、上記のような営業的な内容ばかり発信してしまうケースがあります。

しかしこれでは、あまり集客効果が期待できません。
なぜなら、お客さまがネイルサロンに興味を持たないためです。

SNSで集客するお客さまの多くは新規客でしょう。
その新規客が営業的な内容ばかり見ても、興味を持ってもらえません。

そのため、悩み相談やネイルサロンの豆知識などの「興味を持ってもらえる内容」を発信することが、大事なのです。

COMMENT

リピート客に向けてのキャンペーン宣伝としてならば、営業目的の情報発信は効果的です。

お客さまとのコミュニケーションを大事にすること

SNSを活用する場合は、お客さまとのコミュニケーショを大事にしましょう。

コミュニケーションをとることで、お客さまは「お店のファン」となってくれます。
ファンになってくれたお客さまは、ネイルサロンの情報を拡散してくれるため、大きな集客効果が見込めます。

そんなコミュニケーションは、以下のような感じで簡単にとれます。

コミュニケーションのとり方
  • つぶやき、コメントに返信する
  • 口コミを拾って答える
  • お客さまの悩みに答える

特に、ご来店いただいたお客さまとは必ず交流を深めましょう。
ネイルサロンのリピート客になってくれる可能性が高いためです。

MEMO

整骨院の売り上げを伸ばすには、リピート客の存在は必須です。
こちらの記事では、その理由とリピート客に昇格させる方法を紹介しています。

継続すること

SNSを活用するうえで意外と難しいのが、「更新の継続」。
そんなSNSを継続的に更新することは、集客において最も大事な要素です。

SNSの継続的な更新がなくなると、以下のような悪影響を及ぼしてしまいます。

SNSを継続しない悪影響
  • お客さまにお店の印象が残らない
  • お店の魅力などが伝わらない
  • せっかく得たファンが離れる

このような悪影響が原因で、SNSを活用しても全く集客に繋がらないのです。

ネイルサロンの集客のためにも、SNSの更新は必ず継続的に行いましょう。

MEMO

SNSを継続して活用する自信がない場合は、SNSマーケティングに詳しい人に依頼しましょう。

まとめ

今回は、ネイルサロンの集客に使えるSNSの特徴や使用するときの注意点を紹介しました。

本記事で紹介したネイルサロンの集客に使えるSNSを、ここでおさらいしましょう。

  • Instagram
  • TikTok
  • Twitter
  • YouTube
  • Clubhouse(クラブハウス)

どのSNSもネイルサロンの集客目的として利用できますが、特徴や使用感に違いがあります。

本記事を参考にして、あなたに合ったSNSを使ってネイルサロンの集客を行ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー