車屋の集客に使えるSNS5選【特徴や使う際の注意点も紹介】

「車屋の集客に使えそうなSNSって、何があるのだろう?」
「集客目的でSNSを利用するコツも知りたい!」

上記のような悩みを解決するために、本記事では以下のような内容を紹介しています。

本記事の内容
  • 車屋の集客に使えるおすすめSNS
  • 集客目的でSNSを使用するときの注意点

「SNSを使って車屋の集客をしたい!」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

車屋にとってSNSの活用は必須の時代

SNSの利用者数が年々増加傾向にある現代の社会。
車屋はもちろん、他の業界でも集客目的でSNSを活用しています。

なぜなら、車屋の集客のためにSNSを使うことで、以下のようなメリットがあるためです。

車屋の集計でSNSを使うメリット
  • 幅広い客層にアプローチできる
  • 拡散されればより多くの人に見てもらえる
  • いつでも情報を発信できる

しかも、そんなメリットだらけのSNSの使用料金は無料。
好きなタイミングで気軽に始められます。

SNSの活用は、車屋を集客するうえで必須の時代となっているのです。

MEMO

SNSを活用した集客方法のイメージが湧かない人は、以下の記事を一緒に確認しましょう。

車屋が集客のために使うべきSNS

  • Instagram
  • TikTok
  • Twitter
  • YouTube
  • Clubhouse(クラブハウス)

車屋の集客に使えるおすすめSNSは、上記の5つです。

では、各SNSの特徴や利用方法について紹介しています。

Instagram

情報
ユーザー年齢層20代~30代
ユーザー数(国内)3,300万人以上
メイン投稿写真

Instagramは、「インスタ映え」のワードで有名になったSNSです。
ユーザー年齢層は20代から30代の女性が特に多く、最近ではお店を探すときに利用されています。

写真をメインに投稿するInstagramは、魅力的な車を紹介する場として最適です。
ストーリーを使えば、短時間でエンジン音の紹介もできます。

魅力的な車や部品の紹介などをすることで、お客さまの興味をそそりつつ集客が見込めます。

Instagramはこんな車屋におすすめ
  • 若い層をターゲットに集客したい車屋
  • 画像だけで集客したい車屋

TikTok

情報
ユーザー年齢層10代~20代
ユーザー数(国内)950万人以上
メイン投稿動画

TikTokは、15秒程度の短い動画を投稿できるSNSです。
ユーザー年齢層は10代~20代の学生が特に多く、利用者数も年々増加傾向にあります。

TikTokが投稿できるのは、短時間の動画のみ。
他のSNSと違って、文章や画像は投稿できません。

そのため、以下のようなインパクトのある動画を投稿すると、効果的に集客できます。

具体例
  • 車のエンジン音
  • 価格の安さ
  • 購入から納車までの早さ

ただ、TikTokはユーザー年齢層が非常に若いです。
そのため、車よりバイクの動画を優先的に投稿する方がより集客が見込めるでしょう。

TikTokはこんな車屋におすすめ
  • 大学生をターゲットに集客したい車屋
  • バイクも一緒に販売している車屋

Twitter

情報
ユーザー年齢層20代~30代
ユーザー数(国内)4500万人以上
メイン投稿文章

Twitterは、140文字の文章や画像を投稿できるSNSです。
ユーザー年齢層は20代~30代が比較的多いものの、最近では40代以上のユーザーも利用しています。

Twitterの魅力は、他のSNSにはない高い拡散力。
車屋の口コミや販売価格の安さなどが広がれば、幅広い年齢層の集客が見込めます。

また、Twitterはお客さまとの距離が近いため、コメントや口コミに反応して「車屋のファンを作る場」としても利用できます。

Twitterはこんな車屋におすすめ
  • 幅広い年齢層をターゲットに集客したい車屋
  • 中古車を中心に販売している車屋

YouTube

情報
ユーザー年齢層10代~40代
ユーザー数(国内)6,500万人以上
メイン投稿動画

YouTubeは、動画投稿をメインにしたSNSです。
ユーザー年齢層は平均的で、老若男女問わず多くの人が利用しています。

YouTubeは動画時間に制限がないため、「悩みを解決できる動画を紹介するSNS」として利用できます。
具体的な動画内容は、主にこんな感じです。

具体例
  • 車屋に修理してもらうときに注意すべきこと
  • 車屋から安く車を買うコツ
  • 車の査定額を高くする方法

悩みを解決しつつ車屋の紹介をすれば、視聴者のファンが増加して多くの集客が見込めます。

YouTubeはこんな車屋容室におすすめ
  • 動画で車に関する情報発信をしたい車屋
  • 老若男女問わず集客したい車屋

Clubhouse(クラブハウス)

情報
ユーザー年齢層20代~30代
ユーザー数(国内)50万人以上
メイン投稿言葉

Clubhouseは、通話を駆使する招待制のSNSです。
18歳未満が利用できない仕様のため、ユーザー年齢層は20代~30代が特に多いです。

Clubhouseは招待制を採用していることから、車に関するノウハウや情報を知りたいお客さまのみを集客するのに長けています。

興味のある話をお客さまにできれば、今後リピート客になってくれる可能性が高くなります。

Clubhouseはこんな車屋におすすめ
  • サラリーマンなどの社会人を集客したい車屋
  • 車に関するノウハウや情報も提供したい車屋

SNSを使うときの注意点

  • 営業営業しないこと
  • お客さまとのコミュニケーションを大事にすること
  • 継続すること

SNSを使うときの注意点は、主に上記の3つあります。

ででは、順に深掘りしていきましょう。

営業営業しないこと

  • 「本日は〇〇%オフですよ!」
  • 「当店は〇〇が特徴です!ぜひお越しください!」

車屋の集客意識が強すぎて、上記のような営業的な内容ばかり発信してしまうケースがあります。

しかしこれでは、集客効果があまり期待できません。
なぜなら、お客さまに車屋の興味を持ってくれないからです。

SNSのお客さまのほとんどは、新規客として集客します。
新規客に営業的な内容のみを発信しても、そのままスルーされて集客できません。

そのためSNSでは、お客さまの悩みや疑問を解決するような「興味を持つ内容」を発信しましょう。

COMMENT

リピート客に向けてのキャンペーン宣伝としてならば、営業目的の情報発信は効果的です。

お客さまとのコミュニケーションを大事にすること

SNSを活用する場合、お客さまとのコミュニケーショを大事にしましょう。

交流を深めることで、お客さまは「車屋のファン」として情報を拡散してくれて、結果的に大きな集客効果が期待できます。

そんなコミュニケーションは、以下のような感じで簡単にとれます。

コミュニケーションのとり方
  • つぶやき、コメントに返信する
  • 口コミを拾って答える
  • お客さまの悩みに答える

特に、ご来店いただいたお客さまとは必ず交流を深めましょう。

車屋の売り上げを伸ばすために必須である「リピート客」になってくれる可能性が高いためです。

継続すること

SNSで集客するうえで最も大切な要素は、「更新を継続すること」です。

SNSを継続して活用しないと、以下のような悪影響を及ぼしてしまいます。

SNSを継続しない悪影響
  • お客さまにお店の印象が残らない
  • お店の魅力などが伝わらない
  • せっかく得たファンが離れる

要するに、「SNSの更新を継続しないと悪影響が原因で集客が全くできない」ということ。

初対面の人も、顔や名前を何度か見て聞いて覚えますよね。
SNSでの集客も、ほぼ同じような感じです。

逆に言えば、SNSの更新を継続すれば、集客に繋がる可能性が高くなります。

SNSで車屋の集客をするためにも、必ず更新を継続しましょう。

COMMENT

SNSを継続して活用する自信がない場合は、SNSマーケティングに詳しい人に依頼しましょう。

まとめ

今回は、車屋の集客に使えるSNSの特徴や使用するときの注意点を紹介しました。

本記事で紹介した車屋の集客に使えるSNSを、ここでおさらいしましょう。

  • Instagram
  • TikTok
  • Twitter
  • YouTube
  • Clubhouse(クラブハウス)

どのSNSも車屋の集客目的として利用できますが、特徴や使用感に違いがあります。

本記事を参考にして、あなたに合ったSNSを使って車屋の集客を行ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー