飲食店の集客に使えるSNS5選【特徴や使う際の注意点も紹介】

「飲食店の集客に使えそうなSNSって、何があるのだろう?」
「集客目的でSNSを利用するコツも知りたい!」

上記のような悩みを解決するために、本記事では以下のような内容を紹介しています。

本記事の内容
  • 飲食店の集客に使えるおすすめSNS
  • 集客目的でSNSを使用するときの注意点

「SNSを使って飲食店の集客をしたい!」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

飲食店にとってSNSの活用は必須の時代

SNSの利用が日常的になっている現在、多くの飲食店が集客目的でSNSを活用しています。

なぜなら、飲食店の集客のためにSNSを使うことで、以下のようなメリットがあるためです。

飲食店の集計でSNSを使うメリット
  • 幅広い客層にアプローチできる
  • 拡散されればより多くの人に見てもらえる
  • いつでも情報を発信できる

しかも、そんなメリットだらけのSNSの使用料金は無料。
好きなタイミングで気軽に始められます。

SNSの活用は、飲食店を集客するうえで必須の時代となっているのです。

MEMO

SNSを活用した集客方法のイメージが湧かない人は、以下の記事を一緒に確認しましょう。

飲食店が集客のために使うべきSNS

  • Instagram
  • TikTok
  • Twitter
  • YouTube
  • Clubhouse(クラブハウス)

飲食店の集客に使えるおすすめSNSは、上記の5つです。

では、各SNSの特徴や利用方法について紹介しています。

Instagram

情報
ユーザー年齢層20代~30代
ユーザー数(国内)3,300万人以上
メイン投稿写真

Instagramは、「インスタ映え」のワードで有名になったSNSです。
ユーザー年齢層は20代から30代の女性が特に多く、最近ではお店を探すときに利用されています。

おしゃれな料理の写真が投稿できれば、話題になって若い層の集客が見込めます。

写真をメインに投稿するスタイルのため、新作料理や店内の雰囲気を知ってほしい場合には最適です。

Instagramはこんな飲食店におすすめ
  • 若い女性を集客したい飲食店
  • 料理や店内の雰囲気を知ってほしい飲食店

TikTok

情報
ユーザー年齢層10代~20代
ユーザー数(国内)950万人以上
メイン投稿動画

TikTokは、15秒程度の短い動画を投稿できるSNSです。
ユーザー年齢層は10代~20代の学生が特に多く、利用者数も年々増加傾向にあります。

短時間の動画ということもあって、料理のインパクトや強調したいところのみ伝えたい場合に便利でしょう。
上手くいけば、一気に多くの若いターゲット層を集客できます。

ただ、TikTokは他より炎上しやすいSNSなので、投稿するときは細心の注意を払いましょう。

TikTokはこんな飲食店におすすめ
  • 学生を集客したい飲食店
  • 料理のインパクトを伝えたい飲食店

Twitter

情報
ユーザー年齢層20代~30代
ユーザー数(国内)4500万人以上
メイン投稿文章

Twitterは、140文字の文章や画像を投稿できるSNSです。
ユーザー年齢層は20代~30代が比較的多いものの、最近では40代以上のユーザーも利用しています。

Twitterの特徴は、とにかく拡散力が強いところ。
拡散力が強ければ多くの新規ユーザーの目にとまり、他のSNSより効率よく集客できます。

また、ユーザーとの交流も簡単にできるため、お店のファンを作りたい場合には最適なSNSでしょう。

Twitterはこんな飲食店におすすめ
  • 幅広い層をバランスよく集客したい飲食店
  • バーや居酒屋など、お客さまとの交流が大事な飲食店

YouTube

情報
ユーザー年齢層10代~40代
ユーザー数(国内)6,500万人以上
メイン投稿動画

YouTubeは、動画投稿をメインにしたSNSです。
ユーザー年齢層は平均的で、老若男女問わず多くの人が利用しています。

飲食店がYouTubeで集客するためには、お客さまに「あの料理を食べてみたい!」と思わせることが重要です。

そんな動画を投稿できれば、他のSNSで拡散されて高い集客率が見込めます。

ただ、YouTubeは集客できるようになるまでに時間がかかってしまい、YouTubeだけで集客するのは少し効率が悪いです。

そのため、YouTubeを利用するときは、他のSNSやブログとセットで活用することがおすすめ。
そうすることで、より大きな集客効果が期待できます。

YouTubeはこんな飲食店におすすめ
  • 料理の魅力を伝えたい飲食店
  • 文章や写真投稿が苦手な飲食店

Clubhouse(クラブハウス)

情報
ユーザー年齢層20代~30代
ユーザー数(国内)50万人以上
メイン投稿言葉

Clubhouseは、通話を駆使する招待制のSNSです。
18歳未満が利用できない仕様のため、ユーザー年齢層は20代~30代が特に多いです。

音声配信SNSで招待制ということから、拡散力はあまりありません。
なので、Clubhouseを集客するための手段として利用するのは正直難しいです。

Clubhouseは、飲食店の集客目的ではなく「集客方法を他人から学ぶSNS」として活用するのがベストでしょう。

Clubhouseはこんな飲食店におすすめ
  • SNSの集客方法を学びたい飲食店
  • SNSの集客を行っているお店とつながりたい飲食店

SNSを使うときの注意点

  • 営業営業しないこと
  • お客さまとのコミュニケーションを大事にすること
  • 継続すること

SNSを使うときの注意点は、主に上記の3つあります。

ででは、順に深掘りしていきましょう。

営業営業しないこと

  • 「本日は〇〇%オフですよ!」
  • 「当店は〇〇が特徴です!ぜひお越しください!」

飲食店の集客意識が強すぎて、上記のような営業的な内容ばかり発信してしまうケースがあります。

しかしこれでは、あまり集客効果が期待できません。
なぜなら、お客さまにお店に興味を持ってくれないためです。

飲食店に興味を持ってくれないと、営業的な内容もスルーされて集客に繋がりません。

まずはお店に興味を持たせるために、お客さまとの交流や口コミへの回答などをしましょう。

COMMENT

リピート客に向けてのキャンペーン宣伝としてならば、営業目的の情報発信は効果的です。

お客さまとのコミュニケーションを大事にすること

SNSを活用するときは、営業目的の情報発信ではなく、お客さまとのコミュニケーションを大事にしましょう。

普段からお客さまと交流すれば、「お店のファン」になってくれる可能性があります。
そうなれば、口コミなどで情報が拡散されて、より大きな集客が見込めます。

そんなコミュニケーションは、以下のような感じで簡単にとれます。

コミュニケーションのとり方
  • つぶやき、コメントに返信する
  • 口コミを拾って答える
  • お客さまの悩みに答える

特に、ご来店いただいたお客さまとは必ず交流を深めましょう。

飲食店の「リピート客」になってくれる可能性が高いためです。

MEMO

リピート客が多いと、飲食店としての成長速度が速くなります。
詳しい内容については、以下の記事で紹介しています。

継続すること

SNSを継続して活用することは、集客するうえで最も大事な要素です。

SNSを継続して活用しないと、以下のような悪影響を及ぼしてしまいます。

SNSを継続しない悪影響
  • お客さまにお店の印象が残らない
  • お店の魅力などが伝わらない
  • せっかく得たファンが離れる

このような悪影響が出てしまうと、SNSを活用しても集客率は全く上がりません。

逆にSNSを継続して活用すれば、集客率の向上や新規ファンの獲得などの大きな成果を得られる可能性が高くなります。

飲食店を集客して盛り上げたいのなら、日々の更新を忘れずSNSを継続して活用しましょう。

COMMENT

SNSを継続して活用する自信がない場合は、SNSマーケティングに詳しい人に依頼しましょう。

まとめ

今回は、飲食店の集客に使えるSNSの特徴や使用するときの注意点を紹介しました。

本記事で紹介した飲食店の集客に使えるSNSを、ここでおさらいしましょう。

  • Instagram
  • TikTok
  • Twitter
  • YouTube
  • Clubhouse(クラブハウス)

どのSNSも飲食店の集客目的として利用できますが、特徴や使用感に違いがあります。

本記事を参考にして、あなたに合ったSNSを使って飲食店の集客を行ってみましょう。

MEMO

SNS以外にも、飲食店で使える集客方法はたくさんあります。
詳しい内容は、以下の記事で紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー