飲食店は口コミが命、口コミの増やし方について解説

どこの飲食店に行こうか悩んでいる際に消費者は、値段や立地以外にも一定数口コミを大事にしています。

ただ口コミは消費者側が自ら記入するため、意識的に口コミを増やすことは難しいとされています。

そこで今回は、飲食店が自社の口コミを増やすために取るべき施策をご紹介。

集客の肝ともいえる口コミの増やし方や、質の良い口コミを増やしていくためのコツを解説していきます。

飲食店にとって口コミは命

飲食店にとって口コミは命

『マイボスコム株式会社』は、2020年に『ネット上の口コミ情報』に関する調査を実施。

同調査ではまず、『ネット上の口コミ情報を参考にしますか?』と質問しました。

すると『かなり参考にする』『まあ参考にする』と回答した人は全体の55.7%にのぼり、10~30代の女性では、7割を超える結果になりました。

続いて『どのような場合に、ネット上の口コミ情報が信頼できると感じますか?』という質問では、『口コミ件数が多い』『おすすめや良い点だけでなく、良くない点についても書かれている』『口コミ情報の内容が納得できる』『同じ評判の口コミを、いろいろな人が書いている』などの回答が25~30%ほどに上っています。

アンケート結果から分かるように、ネット上での口コミ情報は参考にしている人が半数を超え、口コミ情報が信頼できると感じる点もそれぞれです。

悪い口コミが書かれていることが直結して店の評判になるわけではなく、信頼できそうな点を踏まえた口コミが多数あることが消費者としては安心でき、来店候補の飲食店となっていくのです。

Googleマイビジネス(MEO)を活用しよう

Googleマイビジネス(MEO)を活用しよう

飲食店の口コミを増やしたい場合にぜひ利用を検討してみてほしいのが、Googleマイビジネス(MEO)です。

MEOはMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)の略称のことを指しており、一般的に地図アプリで検索をかけた時に表示される一覧で、上位表示を目指す最適化施策のことを指しています。

MEOでは検索キーワードが「地域+業種orサービス」で構成されている場合が多いため、研削したその時に検索ワードを必要としているユーザーが多い傾向にあります。

来店へのポテンシャルが高く、リアルタイムで店舗情報を探しているユーザーが集まるので、優良顧客の集客率が非常に高いといえます。

またMEOは店舗までの経路や到着予定時刻などが、Googleマップによって細かく表示されます。

検索結果が詳細で信頼できるため、ダイレクトに来店へと繋がる可能性が高くなります。

他にもSEO対策よりも上位表示へのハードルが低く、地域限定の検索結果が表示される、Googleマイビジネスの情報が表示されるため口コミで信頼を得やすいなどのメリットが挙げられます。

見込顧客はGoogleマイビジネスの口コミを見ている

見込顧客はGoogleマイビジネスの口コミを見ている

Googleマイビジネス(MEO)はよく見られているということについて述べてください。

商品やサービスに関心があり、ある程度購買意欲のある顧客のことを見込み顧客といいます。

Googleマップの検索で出てきた店舗やサービスには、Googleマイビジネスの情報が表示されます。

そこには店舗の基本情報やユーザーからの口コミが表示されており、見込み顧客のファーストコンタクトはGoogleマイビジネスである可能性もあります。

またGoogleマイビジネスの口コミでは、比較的本名で口コミを記入している人が多くて信頼度が高いといえます。

良くも悪くもGoogleマイビジネスの口コミは見込み顧客の目に入りやすく、直接的にイメージに影響するため良質な口コミを集めることは集客の要ともいえるでしょう。

良い口コミを増やしていく5つの施策ポイント

良い口コミを増やしていく5つの施策ポイント

Googleマイビジネスが評判の良い口コミで埋まれば、当然新規顧客や見込み顧客の獲得に繋がります。

しかし口コミの質を上げる方法と言われても、なにから手を付けたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、良質な口コミを増やしていくためのポイントを55つ紹介していきます。

その①お客様一人ひとりにお願いする

まず行いたいのは、来店してくれたお客様一人ひとりに直接口コミの投稿をお願いすることです。

一般的に口コミを書きたくなる時は、「誰かに感情や情報を共有したい時」が多く、一説ではネガティブな場合が多いと言われています。

そのため「放置しておいたら好感度の高い口コミが自動的に増えるだろう」とは考えずに、積極的にお客様へ口コミ投稿をお願いすることが重要です。

飲食店であれば注文を受ける際や、待ち時間の間に案内をするなど、お客様と関わりやすいタイミングで話しかけてみると良いでしょう。

その②QRコードを作成する

その①の応用編として使われているのが、Googleマイビジネスの口コミURLをQRコード化しておく手段です。

URLを直接スマートフォンに打ち込んで口コミを書く手間と、QRコードを読み込んで口コミを書く手間であれば、後者の方がユーザーからするとありがたいといえます。

上記で説明しているように、注文や待ち時間の際に案内することも効果的ですが、QRコードであればメニューの端や席に印刷しておくことで、手間をかけず自然にユーザーへ請求を行うこともできます。

その③お願いの仕方を変えてみる

既にユーザーに、口コミの投稿をお願いしている場合は方法を変えてみるのも一つの手です。

例えば口頭でお願いしていたものをダイレクトメッセージや、SNSを通じてのお願いに変えてみる方法や、口コミを書いてくれた人には割引券や引換券を渡すなどの手段があります。

一定数の口コミを確保するのにはある程度の時間が掛かりますが、口コミ件数が増えてくると口コミを見て来店したお客様がまた口コミを書いてくれる良い循環が生まれるでしょう。

その④口コミに返信を行う

店舗側からすると悪い口コミは気持ちが落ち込んでしまうことや、腹が立ってしまうこともあるでしょう。

しかし実際は、悪い口コミを投稿された時こそその時の対応が重要となります。

Google検索で店舗にたどり着いたユーザーサイドからすると、良い口コミばかりに返信していると悪い印象を抱きます。

悪い口コミに対してこそ真摯に受け止めて、丁寧な返信を心がけると良いでしょう。

また、悪い口コミの中には客観的に店舗のことを見ていて的を射ている意見が混ざっている可能性があります。

ひとつの貴重な意見として悪い口コミも受け止めて、店舗の問題点改善に務めていくと良いでしょう。

その⑤自作自演の口コミは投稿しない

5つ目のポイントは、自作自演の口コミは投稿しないことです。

口コミを書くにはGoogleアカウントが必要になるのですが、仮に自店の口コミをかきこんでバレた場合にGoogleからペナルティを受ける可能性があります。

その結果MEOの評価が下がってしまい、Googleマップで表示される順位が下がってしまうこともあります。

場合によってはGoogleマイビジネスが削除される可能性もあるので注意してくださいね。

口コミ数が少ない飲食店にありがちな残念なポイント

口コミの数が少ない飲食店は、何かしら残念なポイントがあるようです。

自店が残念なポイントに当てはまっていないかチェックしてみましょう。

その①ネガティブな口コミの削除依頼をしていない

悪い評価の口コミは誠実に対応するべきと記載しましたが、明らかに悪質なコメントにおいてはGoogle側に削除依頼が行えます。

しかし削除依頼をせずに放置しておくと、せっかくユーザーが口コミを書こうとしてくれても1件の悪質な書きこみが目立ってしまってなかなか数が増えないこともあるでしょう。

口コミの削除依頼は以下の方法で行えるので、参考にしてみてください。

  • パソコン・モバイルから行う場合:ビジネスオーナーとして削除依頼を申請する
  • Googleマップから行う場合:第三者として削除依頼を申請する

その②機械的なコミュニケーションしか取らない

口コミへの返信は行うに越したことはありませんが、機械的な返信ばかりしていると印象が悪くなってしまうこともあります。

接客業と一緒で、愛想のない受け答えや気持ちのこもっていない返しは好感度を下げてしまうので要注意です。

その③口コミ代行サービスを利用している

3つ目の残念なポイントは、口コミ代行サービスを利用している場合です。

自作自演の口コミが良くないとされているように、代行サービスを利用することもリスクが高いといえます。

短期間でMEOの順位はアップするかもしれませんが、長期的な目で見ると良い結果だとは言いにくいでしょう。

コロナ禍の今こそ口コミ数向上に注力を

コロナ禍の今こそ口コミ数向上に注力を

人々の動きが慎重になる今こそ、口コミ増加に力を入れることが重要だということについて述べてください。

コロナ禍では以前と比べて、不要不急の外出を避けたり混雑している場所へ出歩かなくなったりと、人の動きが慎重になってきています。

そのため信頼度とリアルさが重視されている口コミは、コロナ禍で思うように動けない人にとっては重要な情報源となっています。

「感染対策がしっかりとされていた」「人と人との間が保たれている作りになっていた」などと、お客様目線で見たコロナ禍での営業スタイルを書き込んでもらうことで、コロナ禍では有効できな集客になると考えられます。

口コミを増やすために重要なことおさらい

口コミを増やすために重要なことおさらい

口コミを増やすためには以下のことが重要なポイントになります。

まず基盤の口コミを増やすためにお客様一人ひとりにお願いします。

この方法だけでも良いですが、マンネリ化してきたなと感じたら口コミを書いてもらうごとにクーポンや引換券を渡す、口コミが投稿できるQRコードを店内に掲示するなどの対策を取ると良いでしょう。

口コミがある程度増え始めたら、良い口コミ、悪い口コミに関わらず、こまめに返信を行うと効果的です。

この際に悪質な口コミを発見した場合は、速やかに削除依頼を申請することも、良質な口コミを増やすために必要な手順です。

飲食店の口コミ増やし方まとめ

飲食店の口コミ増やし方まとめ

前提として口コミは書く人と書かない人がはっきり分かれるといえます。

気にしない人と気にする人もはっきりと分かれ、口コミのみで来店するか否かを判断する人も存在します。

前述しているアンケートで過半数が「口コミを重視する」と回答していることから分かるように、口コミによる集客を行う場合は口コミを重視している人をいかに取り込めるかが重要です。

地道に店頭やホームページ、SNS上で口コミのお願いをして、基盤となる口コミ数を増やしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー