Googleマイビジネスを活用をして自店に活かす方法

Googleマイビジネスとは、自社や店舗の情報を登録し、Google検索やGoogleマップで表示させることができる無料ツールです。

飲食店やアパレルショップなど自店を保有している場合は、マップでの表示がされるので登録しておくと良いと言えます。

ただ活用方法は業務形態や、経営している自店の種類によっても異なります。

そこで本稿では、Googleマイビジネスを活用して自店の集客や周知につなげる方法を紹介していきます。

Googleマイビジネスは年々重要に

Googleマイビジネスは年々重要に

Googleマイビジネスとは、2014年にローンチされたサービスです。

冒頭でも説明しているように店舗を保有している会社や自店の場合、無料で登録することができ、住所や電話番号、お店のHPなどの情報をまとめておけるツールです。

ローンチされて以来、年々Googleマイビジネスは注目度が高くなってきており、その理由にはGoogleでの検索方法が関係しています。

私たちは何かを検索するとき、大きく分けて2種類の方法を取ります。

1つはお店や企業の名前を知っている場合に「〇△店 住所」などと検索する『直接検索』

もう1つは、お店の名前を知らずに『地域』や『目的』を検索する『間節検索』です。

直接検索の場合は、お店がHPを保有している場合ダイレクトにアクセスできますが、間節検索でお店を調べている場合はユーザーはどこのお店に行こうか迷っている状態です。

この際にGoogleマイビジネスに登録しておくと、間節検索であっても検索順位上位3位以内のお店や会社が検索結果に表示されるようになります。

上位3位までのお店が表示されることは『ローカルパック』と呼ばれており、従来までは大手企業がサイトの検索上位を独占していました。

しかし検索順位に基づいたローカルパックが誕生したことで、自店をユーザーに知ってもらう機会が増えて、Googleマイビジネスが世界的に注目され始めました。

またGoogleマイビジネスに登録することで、次項で説明するような情報整理が無料で行えます。

HPを保有していなくても、オーナーの認証だけで利用できるので、簡単にスタートできます。

特に店舗ビジネスにとっては集客のカギを握るものに

特に店舗ビジネスにとっては集客のカギを握るものに

Googleマイビジネスと特に相性が良いとされているのが、店舗ビジネスです。

ユーザーは新しいお店を探すときに、多くの場合『地域名+キーワード』でGoogle検索を行います。

この方法は『ローカル検索』と名付けられており、検索全体のおよそ8割を占めているとも言われています。

このローカル検索を行った際に、Googleマップとともに上位に出てくるのがGoogleマイビジネスに登録している店舗ビジネスです。

この際には店舗名だけでなく住所や電話番号、営業時間などが同時に表示されるため、そのままナビをセットしてお店に向かうことも、電話をかけることも可能です。

ユーザーが積極的に行っているローカル検索で、関節的に集客ができることになるので、店舗ビジネスを運営しているオーナーとしては登録しておくべきと言えます。

マイビジネスの活用方法

Googleマイビジネスは、ユーザーにわかりやすく情報を提供できるツールです。

どのように活用・登録していくと効果的に集客が行えるのか解説していきます。

その①基本情報を登録していく

その①基本情報を登録していく

まずは基本的な情報を登録し、Google検索を行った際に表示されるようにしましょう。

最初に入力するのは以下のような項目です。

  • ビジネス名
  • 住所
  • カテゴリ
  • 電話番号
  • WEBサイトURL

この他にも『営業時間』『クレジットカード利用の有無』『テイクアウト』『予約』など、細かな属性追加が行えるので、活用していくと良いでしょう。

その②写真をどんどん増やしていく

その②写真をどんどん増やしていく

次に行っていきたいのが、Googleマイビジネス写真を増やしていくことです。

写真はユーザーがGoogle検索を行った際にも表示され、多ければ多いほど「隅々までサービスの手が行き届いている」という印象にもつながります。

お店のターゲットに刺さりそうな写真を積極的に投稿していきましょう。

またGoogleマイビジネスでは動画やパノラマ写真を用いて、お店の宣伝を行うことも可能です。

写真の投稿はしている店舗が多いですが、動画やパノラマ写真は掲載していない店舗が多いため、近辺店舗との差別化にも効果的です。

その③ユーザーとコミュニケーションをとる

その③ユーザーとコミュニケーションをとる

ユーザーはGoogleマイビジネスに登録しているお店に対して、直接口コミを書き込むことができます。

その際に質問や、意見、お店に対しての評判が書かれることもあり、これらに対して返信することも可能です。

そのまま放置しておくと「お客さんのことを蔑ろにしている」「サービスがなっていない」と評価されることにもつながるため、コミュニケーションを取るためにも口コミへの返信は行った方が良いでしょう。

またユーザーから頻繁に寄せられる質問は、『FAQ』として登録しておくことも可能です。

その④ユーザーの行動を分析する

その④ユーザーの行動を分析する

Googleマイビジネスでは、管理画面からインサイトの確認が行えます。

ここではマイビジネスの閲覧数や検索数が確認でき、ユーザーが検索すときに用いたワードも表示されます。

この機能を利用して、オーナーは自ら「ユーザーがお店に抱いているイメージ」や「何を求めて検索しているのか」などを分析できます。

さらに集客したいと思っている時や、お店の規模を拡大させたいときに重要な情報となるため、長期的に営業をしていく時に役立ちます。

上記以外にも「電話をかけた数」「Webサイトへアクセスした数」「ルート検索をした数」などのインサイトも確認可能です。

その⑤無料のWEBサイトを作成する

その⑤無料のWEBサイトを作成する

Googleマイビジネスでは、GoogleWebサイトビルダーと呼ばれている機能によって、簡易的なホームページを作成できます。

このHPはGoogleマイビジネスに登録してある情報をもとに作成されるため、簡易的な作りとなっていますが「オープンしたての店舗だからまだHPが作れていない!」といった際に活用できます。

マイビジネスの活用と合わせておこないたいこと

上記5つの活用方法だけでも、集客効果や検索のヒット率は見込めますが、それ以外にも力を入れておくと良いことがあります。

ここでは具体的に2つの行っておくと良いことを解説していきます。

自社HPの活用

自社HPの活用

自社のHPは、マイビジネスに登録しておくことが可能です。

ただGoogleマイビジネスである程度の基礎情報は登録できるので、自社のHPではより専門的な内容を記載しておくと良いでしょう。

飲食店であれば店主のインタビューや、商品ができるまでのストーリー、ブログのようなコンテンツを増やしていくと、より集客が見込めると言えます。

SNSの活用

SNSの活用

マイビジネスだけの登録でも問題ありませんが、店内の様子、他の利用客の反応を見るためにはSNSを活用するユーザーも少なくありません。

自店の見込み顧客が使用している可能性の高いSNSを利用して、マイビジネス以外からもアプローチをかけていくと集客につながりやすくなります。

Googleマイビジネスの活用方法まとめ

Googleマイビジネスの活用方法まとめ

基本的に登録しておいて損はないと言えるGoogleマイビジネスですが、気をつけておきたい点もあります。

それはオーナーがGoogleマイビジネスに登録していなくても、スポット情報として第三者が登録できてしまうという点です。

細かい情報までは登録されていないことが多いため、ユーザーからすると「このお店は情報が少ないな」と勘違いされてしまうこともあります。

もし自身が登録していないのにGoogle検索でマップ上に表示されていたり、誤った情報が掲載されている場合は、オーナー自身が登録をして、正しい情報を掲載していくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー