飲食店の集客ツールまとめ

飲食は消費者にとって、最も身近な娯楽と言っても過言ではありません。

ただ消費者目線では「行き慣れているお店に行きがち」「新しいお店の情報をどうやって入手すればいいかわからない」と感じている場合があります。

その際に飲食店側は、適切な方法で集客を行わないと日の目を見ないまま閉店に追い込まれてしまうことも…。

そこで本稿では、飲食店が集客するためにおすすめのツールをご紹介。

10つのツールのおすすめポイントや、集客に成功する店舗の秘訣、集客ツールの種類解説をしていきます。

飲食店の集客ツールは多岐に渡ります

飲食店の集客ツールは多岐に渡ります

飲食店が集客ツールを利用する際、大きく分けて2種類のツールに分けられます。

1つはオンラインでの施策、もう1つはオフラインの施策です。

オンラインの施策とは、Web上で行われるマーケティングや広告活動のことを指しています。

SNSを使用したものやダイレクトメール、ウェブデザイン、SEOなどを活用しており、Webを通して行われる集客ツールは全てオンラインと呼べます。

一方オフラインでの施策は、ネットを介すことなく集客を行うものを指しており、看板や展示会、折込チラシなどが挙げられます。

さらに細分化していく有料のものと無料のものに分けられます。

集客手段として使用できる資金が潤沢な場合は有料のツールを使用しても良いかもしれませんが、ものによって効果や集客力が異なります。

反対に無料のものであっても、ユーザーによく認知されていて集客率が高いものも存在します。

自店にあったツールの取捨選択を

自店にあったツールの取捨選択を

ツールを選択する際に、最初に迷ってしまうのはどのツールが自店に合っているのかということです。

オンライン・オフラインの2択、さらにはお金をかけるべきか否かなど、さまざまな選択をした上でツールを選ぶことになります。

この時気をつけたいのは、「どのようなお客様の目に留まる集客を行いたいのか」ということです。

例えば店の前を通りかかった人を集客したい場合、ウェルカムボードやチラシを配るなどの方法を採用することが一般的です。

この際にSNSを利用した集客や、店内のPOPを華やかにするなどの方法では、店の前を通りかかった人は集客できないことは想像できます。

他にも「向かいのお店がこんなツールを使用しているから」「友人からこのツールを勧められたから」といった理由で、ツールの取捨選択をすることはおすすめできません。

あくまで自店の問題点は何なのか、効果が出やすいツールはなんなのかをベースに取捨選択していきましょう。

飲食店の集客ツール10選

オンライン・オフラインの集客ツールを合わせて10つ紹介していきます。

無料で行えるものから、有料で効果が見込みやすいものまでをピックアップしていきます。

その①Facebookページ(オンライン)

その①Facebookページ(オンライン)

Facebookページは画像や動画、文章などを一括で拡散できるため、飲食店の集客とは相性が良いと言われています。

ユーザーは「いいねボタン」を押すだけで拡散することができ、無料で運用できるため気軽に始めやすいオンライン施策と言えるでしょう。

また、Google検索をした際にFacebookは他のSNSよりも上位に表示されるため、Facebookページを持っているだけでもネット検索からの集客が見込まれますよ。

さらにFacebook広告も比較的リーズナブルな価格で出稿できるため、Facebookページである程度の新規顧客獲得が見込めたらお金をかけて集客を行ってみるといいかもしれません。

その②飲食店集客アプリ(オンライン)

その②飲食店集客アプリ(オンライン)

自店専用のアプリと聞くとハードルが高く感じられるかもしれませんが、最近では個人経営の飲食店や美容室などでも多数導入されています。

初期費用0円で始められるものから、地図アプリの連携・会員登録機能・スタンプの発行などお店にとって嬉しい機能が付属しているツールも多く存在します。

集客アプリを使用することで、それまでかかっていた広告費や労力を軽減し、効率よく集客を行うことができます。

主な飲食店集客アプリ一覧
  • LINE@
  • GMOおみせアプリ
  • 店舗アプリ
  • みせめぐ
  • 常連さん
  • アプリーチ

ハッシュタグキャンペーン(オンライン)

ハッシュタグキャンペーン(オンライン)

ハッシュタグキャンペーンとは「#〇〇(キーワードや店名)」というように活用し、お客様に積極的に投稿してもらうものです。

ハッシュタグに設定するのは、店名やオリジナルのキーワード、造語などがよく使用されており、SNS上ではハッシュタグだけで検索結果にも引っ掛かるようになります。

お店の認知度を上げたい場合や、投稿を見たユーザーの興味関心を誘発できるなどのメリットが挙げられます。

お客様に協力してもらいながら行うため、店内にハッシュタグキャンペーンを行っている旨を伝えるPOPやチラシなどを貼っておき、「参加者にドリンク1杯無料」などの特典をつけると、より積極的に参加してくれるお客様が増えるでしょう。

その④Googleマイビジネス(オンライン)

その④Googleマイビジネス(オンライン)

Googleマイビジネスは、店名や住所、電話番号などのお店の基本情報を登録できるツールです。

無料で登録ができ、きちんと基本情報を埋めていればGoogle検索でも上位に表示される可能性が高まります。

オープンしたばかりでまだ自店のHPがない場合に利用でき、簡易的なHP作成も可能です。

またユーザーが自由に口コミを書き込める仕様になっているため、SNS以外でもユーザーと積極的にコミュニケーションを取るのにうってつけのツールです。

その⑤自店ブログ(オンライン) 

SEO対策などをきちんと行いたい方におすすめなのは、ブログやHPの作成です。

使用するサーバーやドメインによって料金は変化しますが、継続的に更新ができ、店舗の情報を細かく記載しておきたい場合には有効的なツールとなります。

その⑥チラシ(オフライン)

その⑥チラシ(オフライン)

チラシのポスティングは、新聞などの折り込みチラシと手渡しで行うものの2種類に大きく分かれます。

出前や宅配サービスを行っているとより効果が出やすくなり、チラシに宅配専用のクーポンをつけるなどの対策が取りやすくなります。

ただ人件費やチラシの作成料など、費用がそれなりにかかってしまうため、対象のお客様に確実に渡せる場合に有効と言えるでしょう。

その⑦ポイントカード(オフライン)

その⑦ポイントカード(オフライン)

ポイントカードは、お客様が来店する理由の1つにもなっています。

紙媒体、アプリなどの電子媒体など、どちらの場合でも「目についたときにお店を思い出せる」「ポイントを貯めたいから来店を決める」と購買心理に直結する働きがあります。

特に女性のお客様の場合、ポイントを意識して買い物する傾向が強いので、女性のお客様をターゲットとしているお店では効果的なツツールと言えます。

その⑧イベントの開催(オフライン)

その⑧イベントの開催(オフライン)

「本日29の日にき、お肉を使ったメニュー29%引き!」「5の付く日はポイント5倍!」など、お得なイベントは自然とお客様の集客・来店率向上につながります。

一見お店側は損に思えるかもしれませんが、このような謳い文句に釣られて来店したお客様は大半が他のメニューも注文すると言われています。

メインの割引メニューだけでなく、ドリンクやスイーツを注文したり、ポイントを貯めたいという心理からいつもより多く買い物をしたりと、結果的にお店にとってはプラスに働くことが多くあります。

お客様目線では、「あのお店は今月どこかでキャンペーンやってないかな」「また5日になったら行ってみよう」などと、イベントの印象でお店を認知してくれるので、一石二鳥の集客ツールと言えるでしょう。

その⑨ウェルカムボードの作成(オフライン)

その⑨ウェルカムボードの作成(オフライン)

店頭に置いておくウェルカムボードは、看板と同じような役割と思われるかも知れませんがそれだけではありません。

ウェルカムボードによってお店の雰囲気を伝えたり、看板メニューの紹介、営業時間の記載などが行えます。

またブラックボードなどにチラシを添付しておき、「ご自由にお持ちください」などと書いておけば、通りすがりの人へもお店のアピールが行えます。

その⑩他店とのコラボ企画(オフライン)

その⑩他店とのコラボ企画(オフライン)

商店街や観光地など、飲食店が立ち並んでいるエリアでは、お店の垣根を越えたコラボ企画が効果的です。

  • A店でのレシートを持参した方にドリンク1杯サービス
  • 着付けを行った方にB店で使用できるお食事券贈呈

飲食店同士のコラボだけでなく、アパレル店やお土産店、雑貨店など、幅を広げて考えると思いがけないニーズを発掘できるきっかけにもなりますよ。

集客に成功する店舗と失敗する店舗の違い

せっかく自店に合ったツールを取り入れても、思うように集客につながらないケースも存在します。

集客の成功失敗を分けるポイントを3つ紹介していきます。

その①ツールを取り入れただけで何も行動しない

その①ツールを取り入れただけで何も行動しない

まずは、ツールを取り入れて満足してしまうケースです。

例えばポイントカードを集客ツールとして取り入れたものの、そこから得られる「来店率」や「顧客単価」などを分析せずに放置してしまうことが挙げられます。

ポイントカードの導入だけでも十分集客の効果は感じられるかもしれませんが、より効果を得たい場合は常に学びの姿勢が重要です。

ポイントカードを介して得られる情報を駆使しして、常連客のためにできることやポイントカードを周知するための施策などを考え続けることが必要です。

その②コンセプトがはっきりしていない

その②コンセプトがはっきりしていない

「おしゃれなケーキが食べられるお店といえば」「有機野菜しか使っていないお店といえば」というように、お客様はお店を選ぶときに目的に沿って検索したり、人に尋ねたりします。

その際に、自店がコンセプトを掲げていないお店だとお客様はどのように検索していいのか分からなくなってしまいます。

一貫性や個性がないお店として認識されてしまうため、わざわざ来店する意味がないとも捉えられてしまうかもしれません。

コンセプトを決める際は、「何を」提供していて「どんなターゲット」に「どう思って欲しいのか」を軸にしながら、老若男女にわかりやすいコンセプトをつけることが重要です。

その③雨天対策を行っていない

その③雨天対策を行っていない

細かいポイントになりますが、来店やする際に足元が悪いとお客様はお店にたどりつくのに苦労しているケースもあります。

その際にサービスの一環として声がけや、クーポンの配布、ポイントの贈呈などを行うとお客様からの印象はアップします。

特に節約や浪費に厳しい主婦層などは、「雨の日セール」や「雨のひポイント」などに敏感に反応してくれるので、主婦層や女性をターゲットとしているお店には効果的です。

まとめ

まとめ

10つの集客ツール活用方法を紹介してきましたが、おすすめは無料のものから順に行っていく方法です。

まずは手を出しやすいものや人件費がかからないものを試してみて、それでも効果が出にくいようであればお金をかけながらツールの活用を行っていくと良いでしょう。

また、オンラインとオフラインのツールを組み合わせながら集客を行っていく方法も覚えておくと良いでしょう。

「チラシにQRコードを印刷してオンラインでもアクセスできるようにする」「店内POPにお店のSNSQRを掲示しておく」など、オンライン・オフラインのどちらからでもお店の情報にたどり着ける道を作っておくと効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー