ブログ初心者はどのように上達していけばいいか?

文章を書くことが好きな人や、読書が趣味の人、自分の経験や意見を世の中に広めたい人などに向いているのが、自分でブログを更新していくこと。

ただいくら文章力に自信があっても、読者がついてこない・PV数に伸び悩んでいるという人は多く存在します。

そこで本稿では、初心者でも簡単にブログの上達が図れるステップをご紹介。

人気のブログを書いていくための秘訣や、マインドなどを解説していきましょう。

ブログはただ単に書いていても上達しない

ブログの更新をする際ただ文章を書いているだけ、文字を並べているだけでは上達しません。

大抵の場合、ブログを始めた当初は「とりあえず1週間頑張ってみよう」「1ヶ月毎日更新してみるか」と目標を立てます。

このように続けるための目標を立てると、文章を公開することへの抵抗感は少なくなりますが、肝心の中身が伴わない結果になることが大半です。

結果的に「文字数はあるけれど書いていることに統一感がない」「内容が薄いブログになった」など、上達の兆しが見えない文章を生み出すことに繋がります。

ブログ初心者の場合、やみくもに書き始めることや言葉を並べただけの文章を書くことは控えましょう。

上達しないということは成果を得られない

上達しないということは成果を得られない

ブログの文章が上達しないと読者がつかず、誰にも読まれないままインターネットに飲まれてしまいます。

自分の日記としてしたためておく分には問題ありませんが、「自店やサービスの宣伝のため」であったり、「ブログでの副業収入」といった効果は一向に得られません。

収入や認知度に繋がらないまま、ブログを書き続ける手間暇だけが掛かってしまうため、悪循環に陥るケースもあります。

上記のような悪循環に陥らないためには、まず文章力の向上やブログの基礎を学んで上達する必要があります。

ブログの書き方上達方法

ブログの書き方を上達させないことには、望んでいた成果や効果が得られません。

そこでここからは7つのステップに分けて、ブログを上達させるための方法を伝授していきます。

ブログが上達するための基礎は「守破離」ともいわれています。

まず教え学び、確実に基礎を自分のものにします。

その後自分が良いと思った手法を取り入れ、独自の新しい手法を生み出していきます。

初心者の段階では「守」の部分を重点的に行い、徐々にブログでの成果を得ることが重要です。

ステップ①ブログの参考にする人や教えてもらう人を定める

ステップ①ブログの参考にする人や教えてもらう人を定める

文章を書き始める前に、自身がブログ上でどんな文章を書きたいのか・どのようなことを伝えたいのかをイメージしておく必要があります。

ただいきなり「伝えたいことは何ですか?」と聞かれても初心者ではうまく言葉に出来ない場合があります。

その際に重要となってくるのは、文体や伝えたいことのニュアンスが自分と似ている人のブログを見つけることです。

「どのような書き方で読者を惹きつけているのか」「ブログを運営していくにあたってのコンセプトはなにか」といった点を意識しながら、既にブログ運営で成功している人を見つけていきましょう。

ステップ②参考にする人のブログを全部読み、マネをする

ステップ②参考にする人のブログを全部読み、マネをする

参考にする人が定まったら、続いてはその人のブログを全部読んでいきます。

ですます調かどうか、どのような題材を扱っているのか、文字数や更新頻度、更新時間など、あらゆる項目をチェックしていきます。

その後ブログ記事を読んで学んだことを、マネしてながら文章を書いていきます。

この際にステップ①で自分の境遇や、発信したい内容に近しい人を探していると文章のマネがしやすくなりますよ。

またこのステップを行っている際に、ブログだけでなく文章が学べる本を参考にすることを有効的です。

素人でも文章がうまくなるコツや方法論が端的にまとめられているため、スキマ時間で文章を学びたい方におすすめです。

そしてこのステップで最も重要なことは、マネをする際も本で文章の基礎を学ぶ場合も実践をすることです。

時間や手間を惜しまずに文章についての学習に取り組み、最初は見よう見まねでも実践していく意識が重要です。

ステップ③文章の型を覚える

ステップ③文章の型を覚える

目標としたい文章が定まりある程度マネができるようになってきたら、お次に行うのは文章の型を学ぶステップです。

文章の型にはいくつか種類があり、ブログでよく使用されるのは2つの型があります。

まず1つ目は、「PREP法」と呼ばれる型です。

「Point(ポイント、結論)」「Reason(理由)」「Example(実例)」「Point(繰り返しの結論)」の頭文字からPREP法と呼ばれており、簡潔に伝えたいことが分かる文章の雛型です。

文章だけでなくプレゼンでも使用されており、要点が記憶に残りやす・話の理解がしやすいなどのメリットがあります。

2つ目の型は、「PASONA(パソナ)の法則」と呼ばれています。

1999年に、日本一のマーケターと呼ばれた神田昌典氏によって提唱されたセールスレターの文章型です。

「Problem(問題)」「Agitation(あぶりたて)」「Solution(解決策)」「Narrow down(絞り込み)」「Action(行動)」の頭文字を取っており、ブログの中でセールスをする場合に効果的な型といえます。

ステップ④ブログの型を手書きで作る

ステップ④ブログの型を手書きで作る

大枠の型が決まったら、次はブログの構成案やプロットと呼ばれる枠組みを作っていきます。

この際Wordやメモ帳に書くのではなく、手書きでポイントや理由、解決策などを記載していくと良いでしょう。

後から見返すことができる上、手書きで書くことでタイピングやパソコンに向かう苦手意識がある人でも続けやすくなります。

また、枠組みを事前に作っておくことで文章を書いている途中でも言いたいことがブレることなく、ブログを完成まで持っていけます。

ステップ⑤一度寝かせる

ステップ⑤一度寝かせる

プロットに沿って文章が書けたら、すぐにはブログを更新せずに一旦寝かせます。

書き終わった直後は推敲や校正を行っても、気持ちが高まっていて純粋な感情で文章を読むことができません。

理想としては一晩寝かせて、後ほど読み返す時間を設けることがおすすめです。

ステップ⑥音読してみる

ステップ⑥音読してみる

ブログ記事を寝かせた後は、黙読しながら推敲しても良いですが、おすすめは音読してみることです。

普段私たちは、文章を改まって書く機会より人と話すことや独り言を言う機会の方が多くあります。

そのため話すときは文法を間違えたり、不適当な表現を使うことが少ないため、音読することで文章の違和感に気づけます。

読むときに友人や家族などを思い浮かべ、語りかけるように音読すると句読点の位置など喋っていて不自然に感じるところも見えてきます。

ステップ⑦プロットと型に沿ってひたすら書く

ステップ⑦プロットと型に沿ってひたすら書く

ここまでのステップを行ったら、最後は①~⑥までの手順を繰り返すことが重要です。

特に手書きのプロット作成から音読するまでのステップは、文章を書くたびに行い、自分の中で習慣づけていくと良いでしょう。

最初はきつく感じるかもしれませんが、最初の3ヶ月を超えると習慣のようにブログの更新ができるようになるでしょう。

積み上げ型資産となるブログにこそ注力を

積み上げ型資産となるブログにこそ注力を

冒頭で「やみくもに毎日投稿やブログの更新をするのはおすすめしない」と話しましたが、先ほどの7つのステップを踏まえたうえで更新し続けるブログは積み上げ型の資産となります。

ただ毎日更新を推奨しているわけではなく、ここで言われている積み上げ型資産とは、未来への投資としてブログが更新できているかどうかです。

毎日更新に捉われすぎてしまって、ブログの更新が作業となっている場合や量産型の記事を書いている場合などは、積み上げ型資産とは呼べません。

例えば「過去に更新した記事をリライトして読み手にとって有益な情報を発信し続けること」や、「起業したての人がブログで情報発信をして集客をする」などの目的を持って行っている場合は積み上げ型の資産となります。

多くの人が積み上げ型の資産=記事数の更新や、毎日の更新と認識していますが、それでは積み木を縦ではなく横に並べていることと一緒です。

積み上げ型資産の本来の意味とは、記事の質や読み手にとってストレスフリーな記事を更新・リライトし続けることといえます。

ブログの上達方法まとめ

ブログの上達方法まとめ

ブログの文章やアクセス数を向上させるには、ある程度の時間や労力が必要になります。

数週間、数か月続けただけでは上達の効果が出ないケースの方が多く、多くの人はこの時点で積み立て型資産のブログ形成を諦めてしまいます。

地道に7つのステップを続け、着実に自分の文章を確立させていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー