店舗集客にブログは活用できるのか?結論:できますが9割失敗します

店舗経営を行っているとオンライン店舗、実店舗に関わらず、集客はまず最初の目標となります。

集客目的でSNSやチラシの配布、広告の打ち出しなどを行うケースもありますが、1番取り組みやすい集客方法の代表といえば、ブログの更新ではないでしょうか。

ネット環境と更新する人さえいれば毎日更新することも可能ですが、一方でなかなか集客に結びつかない方法とも言われています。

そこで今回は、店舗集客でブログは活用できるのか・なぜ多くの店舗が失敗しているのかを深掘りし、集客のために心得ておきたいポイントを解説していきましょう。

店舗集客にブログを活用、なぜほとんどの人が失敗するのか?

店舗集客では自店のサービス内容、メニュー、店舗の雰囲気などをブログにしたためているケースがほとんどです。

しかし店舗集客のためのブログは、挫折してしまうケースが一般的と思われているのではないでしょうか。

そこでまずは、ブログが失敗に終わってしまう主な原因を追求していきます。

継続することができないから

継続することができないから

1つ目に挙げられる理由は、継続ができないという点です。

毎日Twitterのツイートレベルでブログの更新ができれば問題ありませんが、飲食店の本業である接客や商品の提供に追われてしまいブログの更新まで手が回らなくなってしまうケースが多発しています。

また毎日継続してブログを更新していても内容が「接客楽しいです!」「このお店から○○町を変える!」などと気持ちを綴ったものになっていては、集客の効果がありません。

ポイントは見込み客の来店意欲を向上させる情報を見極め、1記事1記事に情報が載っている厚みがあるコンテンツを生み出すことです。

自分の書きたいことを日記として書くから

自分の書きたいことを日記として書くから

店舗の経営と自分の趣味の日記を公私混同してしまい、結果的に書きたいことを日記として書いてしまうケースが2つ目の原因です。

日記のような更新はたまになら『中の人』の人柄が垣間見えて面白いかもしれませんが「今日はこんなことがありました!」「こんなお店にしたい!」と感想文と日記を織り交ぜたブログは、正直お客さんサイドから求められていません。

集客対象層に求められている話題を確実に掴み、ニーズに合った情報を発信することが重要となります。

正直、学ぶ時間を取っていないから

正直、学ぶ時間を取っていないから

3つ目の要因として挙げられるのは、ブログの頻度や構成、コンテンツの中身などを研究しきれていないという点です。

ブログのことを研究するためには、人気のブロガーや店舗ブログを参考にする方法が一番手っ取り早く実現できます。

もともと一般人が始めて、最初から人気のブログに発展することはあり得ないので、地道に人気の秘密を研究していく必要があります。

ブログを活用して集客するために必要なこと

いざブログを始めると決意しても更新頻度やブログの内容など、不安なことや分からない点も多くあり、何が集客に必要なのか分からなくなってしまうかもしれません。

そこでここからは、店舗ブログを活用して集客するために必要なことを3点紹介していきます。

ブログ更新を継続すること

ブログ更新を継続すること

まず1つ目の関門は、ブログの毎日更新を実現することです。

毎日ブログを更新していると、次第にファンが付き、固定の見込み客の目にも入るようになります。

「どう始めていいのかわからない」という場合には、まずブログで店舗やメニューの紹介などを皮切りに毎日の更新を目指していきましょう。

またどうしても毎日の更新が難しい場合には、キャンペーンや新商品の発売に合わせてブログを更新するだけでも更新しないよりは好印象です。

徐々にブログの内容を精査したり、更新頻度を高めていけるとブログでの集客が成功に近づきます。

自分の書きたいことではなく読者が知りたいことを書くこと

自分の書きたいことではなく読者が知りたいことを書くこと

続いて気を付けなければいけないのは、自分の書きたいことと読者が知りたいことを混同しないことです。

日記のような現状報告ブログや意気込みの発信だけでは、読者としては応援しにくく、距離を感じる原因にもなります。

ブログ運用をこれから始める場合、読者はほとんど初めましての人です。

その人たちに意気込みや日常の日記を発信していると考えると、ミスマッチさが分かりやすいのではないでしょうか。

あくまで店舗のブログとして発信するのであれば、お店の情報や周辺のおすすめスポット紹介など、興味のあることやターゲット層を絞った発信を心がけましょう。

毎日スキマ時間でブログについて学び続けること

毎日スキマ時間でブログについて学び続けること

3つ目に注意すべき点は、ブログについて学ぶ姿勢を忘れないことです。

食べ物やファッションの流行り廃りと同じように、読者が注目している話題も移り変わります。

ターゲットとしているお客様がどのような年代なのか、性別は、どんなものに興味があるのかをサーチし、関心を持ちやすい話題を提供する努力が必要となります。

それだけでなくブログの基礎や、SEO知識の勉強を学ぶ姿勢は大切です。

ブログの構成や発信しているネタ、またどのようなことに気を配ると検索した時にお客様から見つけやすいブログが作れるのかなど、学んで損となることはありません。

お店の空き時間や、プライベートの時間を使いながらブログの勉強を学んでいきましょう。

店舗ビジネスでブログを上手く活用している事例

店舗のブログは、お店によっても個性が発揮され、扱っているコンテンツ内容や情報が異なります。

様々なブログの形がある中で、自店に適したグログ内容を探すには実際のブログを参考にして勉強するのが一番の近道です。

そこでここからは、集客でブログを上手に活用している事例を紹介していきます。

インスタグラムと併用しながらブログを活用している『プレジール』

インスタグラムと併用しながらブログを活用している『プレジール』
【引用】プレジールの公式サイト

フルーツギフト・フルーツブーケ専門店の『プレジール』は、果物を花束に見立ててアレンジメントした“食べられる花束”を販売しているお店です。

現在では数ある雑誌で取り上げられたり、芸能人とのコラボが話題になっていますが、最初はこまめに更新している『フルーツブログ』から注目を集めたと言われています。

一般的なブログ内容の「○○の販売が始まります」といったお知らせだけでなく、お客様からいただいたメールを用いて感謝を伝えたり、「早めの予約がおすすめです」と注意換気したりと一風変わった発信をしています。

お客様との距離を縮めたいと望んでいる場合や、鮮やかな写真と親しみやすい文章でブログ運用を考えている場合はぜひ参考にしてみてください。

定期的な更新に安心感を覚える『ミツバチ食堂』

定期的な更新に安心感を覚える『ミツバチ食堂』
【引用】ミツバチ食堂の公式サイト

岐阜県岐阜市にある『ミツバチ食堂』では、9年前のオープン当初からブログをコツコツ更新しています。

同店のホームページでは『〇年△月』というようにアーカイブが残してあり、いつのブログでもすぐに読み返すことが可能です。

またブログは大きく『お知らせ』と『店主のひとりごと』に分かれているので、店主の人柄とお店のお知らせを混同することなく知ることができます。

鮮やかな写真をふんだんに使用している『シェイクシャック』

鮮やかな写真をふんだんに使用している『シェイクシャック』
【引用】シェイクシャックの公式サイト

『シェイクシャック』のブログからは、新メニューのニュースやキャンペーン申し込みのリンクなどが閲覧できます。

どの更新でも鮮やかで食欲をそそる色合いの写真が使用されており、1つの更新に対して平均2.3枚の写真が添付されています。

文章を読むことだけでなく、写真で読者を惹きつけている実例なので、写真と文章どちらにも力を入れたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

9割の人は挫折するので、続ける人1割が成功する

9割の人は挫折するので、続ける人1割が成功する

成功例はいくつも存在していますが、その中でも最も大切なのは継続して更新を続けることです。

毎日更新することだけでなく内容の濃いコンテンツを発信し続けることは、誰ででも容易にできることではありません。

ほとんどの人が挫折する中、更新を続けられる1割の人が成功するといも言えますね。

店舗集客にブログを活用する際に大事なことまとめ

店舗集客にブログを活用する際に大事なことまとめ

集客を目的としているブログの場合、まずはお客さんの目線に立って求められている情報を正確に提供することが重要となります。

更新が板についてきたら頻度を高くしたり、毎日更新してコンテンツに厚みを持たせる工夫を持たせます。

最終的には継続してブログを書いている人に結果は付いてくると考え、根気強く続けてい来ることが成功の秘訣ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー