これからのSEO対策に必須!「EAT」の重要性とその中身

Webサイトを公開し、収益化を進めていく上での重要課題の一つが検索結果順位の向上ではないでしょうか。

そのために「SEO対策」という言葉が用いられ、サイトごとにその施策を行うのは現代のウェブマーケティングではマストと言われています。

このSEO対策、検索エンジンのアルゴリズムに振り回され、右往左往するところが大きかっただけに、EATというキーワードがGoogleからもたらされたのは大きな進歩と言えるでしょう。

このEAT、いったいどんな影響をこれからのSEOに与えるのでしょうか。

そしてWebサイトを運営する上で無視できなくなったEATに、どのように付き合っていけばよいのか紹介します。

SEOで最重要なEATとは何か?

EATとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)のそれぞれの頭文字からとった造語です。

Googleが公開している「検索品質評価ガイドライン」に掲載されており、SEOとの関連性が強い言葉です。

EATが何を表しているかというと、端的にいえば、ユーザーが「満足のいく検索」を行うために作られた指標です。

それぞれ3つの指標に込められた言葉の意味をよく理解して、具体的な施策に落とし込んでいくことが、正しいSEO施策の構築と運用につながっていきます。

Expertise 専門性

Webサイトやそのコンテンツに関する専門性のことです。知識や経験、スキルなど、扱われている情報に関して精通していることが専門性にかかわってきます。

弁護士であれば法律、会計士であれば簿記会計などの専門知識、食を扱うサイトならフードコーディネーター、栄養士などの専門知識が求められます。

Authoritativeness 権威性

Webサイトの情報がその話題や業界などの他者にどれくらい認められているかを指します。

学術的な内容であれば学術機関の人物に、法律であれば弁護士に、そのほか著名な人物や機関からの「お墨付き」を受けているかが重要です。

Trustworthiness 信頼性

Webサイトの情報が信用できるものかを指す指標が信頼性です。

多くのユーザーの支持を得ている、たくさんのいいね!がもらえているなどがわかりやすい指標です。

EATが重要視される理由と背景

EATが2015年に一般公開されたGoogleの品質評価ガイドラインで重要視されているため、近年注目を集める結果となっています。

ガイドラインの内容に沿ったコンテンツを制作すれば、高い評価が得られることが明白な一方で、もしガイドラインに反したコンテンツが掲載されている場合、逆を言えば検索結果順位を下げられる可能性があります。

そんなことからSEO施策を行う上で、プラス・マイナス両面において無視できない存在となっています。

Expertise(専門性)を高めるポイント

文字通り、何かのトピックスに特化した内容であることが求められます。

食べ物を取り扱うなら、お米だけ、パンだけ、野菜だけといったように、専門性を高めることで、ユーザーのニーズをより早く、より的確に汲みやすいサイト構成にすることが、専門性を高めるポイントです。

①一つのジャンルに特化する

専門性を高めるために避けて通れません。

例えばお酒を取り扱う場合でも、日本酒に限定したり、日本酒でも純米酒、吟醸酒、醸造酒、純米大吟醸などの種類や、○○県の酒造といった形で生産地別に分けて商品を取り扱うなどの工夫が必要になります。

②専門知識

専門知識の質と量の両方がカバーできるような、網羅性のある知識が掲載できるのが理想的です。

ユーザーのニーズを網羅するために、そのジャンルの特化性と情報量を保持しましょう。

③一次情報の掲載

ほかにはない情報を掲載しているのは専門性を高める上で大事です。

体験談や感想、知人、友人、アンケート、レビューなどの情報は貴重です。

Authoritativeness(権威性)を高めるポイント

権威性を高めるには、すでに権威のある人やサイト、書籍などからの引用を行ったり、実際に自分で体験してみたり、運用年数や実績を利用してみるなど、いろいろなやり方があります。

もっとも効果的なのは、自分のブランドを持つこと。

自分がブランドになってその情報発信源になれば、何を書いても発言しても、すべてに権威性が生まれます。

①コンテンツ対策

ユーザーの検索意図を考慮したコンテンツ対策を行います。

上位表示を狙うキーワードで検索を行い、上位に挙がってくるサイトのタイトル、コンテンツの傾向を把握し、自分のサイトに反映います。

ウェブサイトのタイトルにはキーワードを忘れずに入れましょう。

②被リンク対策

被リンクの獲得も権威性アップに貢献します。

より多くのユーザーに目に触れること、そしてサイト情報の共有や参照されやすくなれば理想的です。

サテライト的な利用をしているSNSでフォロワーや広告を使った宣伝が効果的です。

③長期間の運用

長期的な運用実績は、Googleもしっかりと評価してくれます。

そのためにコツコツとコンテンツを充実させたり、目先の数字にとらわれずに健全なサイト運用を行うことが大切です。

Trustworthiness(信頼性)を高めるポイント

信頼性を高めるためにすべきなのは、自分自身で信頼性を高める必要がるということです。

つまり、名前やサイト名で検索される回数が増えるように、さまざまな施策が必要になります。

プロフィールページの作成、実績や専門性に特化していることのアピール、SNSを使ったブランディングも手段の一つです。

自分自身が信頼されるように情報開示や専門性の向上に努めましょう。

①Webサイトの情報

サイト運営者が誰なのか、サイト内の情報に関するお問い合わせ先を明記したり、問い合わせフォームを作成したり、会社情報はもちろんサイトポリシー、利用規約といったところも明記します。

Webサイト内の情報を開示し、信頼できることをアピールしましょう。

②著者情報

コンテンツを作成した人が誰なのか、作成者個人のプロフィールページを別に作り、Googleにアピールするのも方法の一つです。

執筆を行っている人のWebサイトやブログ、SNS等がある場合、そのリンクを貼ってもらうと良いでしょう。

③コンテンツの正確さ

コンテンツの内容は誤りのないように、必ず確認する必要があります。

その分野の専門家にアドバイスを受けたり、資格者による執筆を行うことで正確さが保持できます。

ただ専門的になり過ぎると一般ユーザーが理解できないため、文体に配慮する必要があります。

EATを高めるべきサイトはどのようなサイトか?

EATを高めるべきサイトは、以下に該当するようなサイトです。

①立ち上げたばかりのサイト

②ローカルビジネスの集客用サイト

③アクセスや集客数が伸び悩んでいるサイト

④集客のためにあまりお金のかけられないサイト

⑤専門性の高いサイト

これらのサイトに共通して必要なのはコンテンツの質と量、そして専門性です。

専門性を高めることで、ユーザーニーズを汲んだサイト構成にすることができ、ニッチでより専門的な情報発信により権威性が生まれます。

利用者によって口コミや共有が広がれば信用性が増し、アクセスの増加、そして集客力の増大につながっていくはずです。

2021年はEATの重要性がより増していく

2020年9月に発表された検索品質評価ガイドラインでは、ページ評価における最も重要な要素として「ぺージの目的」「メインコンテンツの品質と量」「ウェブサイト情報・メインコンテンツの責任者に関する情報」「ウェブサイトの評判・ メインコンテンツの責任者に関する評判」「専門知識、信頼性、信頼性(E-A-T)」を挙げています。

とくにEATは「重要な品質特性です」と明記されていることから、今後ますますEATが重要視されることになるはずです。

サイト運営の方向性に迷ったらまずはEATの向上を

こうしてEATの重要性が声高に叫ばれた以上、無視することはできません。

もし、いま運用しているWebサイトの内容や方向性に迷いがあったり、運用方針やコンテンツにブレが見られるとき、ごちゃまぜで「あれもこれも」で一貫性が見られない場合、EATを指針として再構成をすべきではないでしょうか。

ユーザーが求める情報に特化し、余分なものを整理していく改革も必要です。

EATを意識した構成へ、一度見直してみませんか。

SEOで最重要なEATについてのまとめ

Webサイトのコンテンツを制作する際に、EATを意識することで検索結果順位とユーザーの満足度の双方を向上させることができます。

そしてその信頼性と権威性の向上は、より集客力のあるサイトへと現状のサイトをより一層高い領域に導いてくれるはずです。

質の高いコンテンツを多く作り、たくさんの人々の支持を得られるように努力してきましょう。

まとめ

ユーザーの役に立つ情報を提供する。これがGoogleの明確な指針である以上、それに追随することがWebコンテンツ制作者の使命です。

その使命を全うすれば、検索順位の向上も収益も自然とついてきます。まずはEATの本質をつかんで、それに準拠したWebサイトを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー